男性

グループウェアや在庫管理を利用して効率UP|効率研究科

必要な機能が経営に影響

システム

管理すると一口に言っても、人はスケジュール以外にもいろいろなものを管理し管理されています。企業にとっても同じです。企業にとってはスケジュール管理のほかに経営に直結する在庫管理と会計の収支の管理も大変重要な仕事の一つです。この収支バランスが崩れたとき企業は倒産に追い込まれかねません。そこで社内でも収支のバランスを見るために会計システムという、専用のソフトが使われている場合があります。この会計システムの導入で企業はよりスムーズにより的確に在庫管理とお金の出入りが管理できるようになり、企業の経営において重要ポイントを占める会計管理ができるようになったのです。この会計システムには3つの主な機能があります。ひとつ目は「伝票入力機能」です。売掛帳、買掛帳、現金の出入りを管理する出納帳などが入力、管理できます。また全国に支店がある企業などは各拠点で売り上げなどを入力してもらうことで全社の売り上げの推移や企業全体の売り上げを同時に管理することも可能にしました。次に「決算機能」があります。決算機能では損益の計算書など決算に必要なデータを瞬時に起こし、そこから様々なデータグラフなどを作成することができる機能です。最後に帳票出力機能です。これは伝票データや計算機能を使って作られた損益計算書などを見やすいフォーマットに変換して印刷できる機能です。これらの機能はどれも企業にとって経営に影響する大事な機能なのです。